食べることは生きること
「うま」い「飯」をたべているときが「しあわせ」な女子のブログ
暮らし

グリーンゼリーを使うタイミングはいつ?ムダなく使える情報をお届け!

子どもの産み分けというデリケートな領域だからこそ、グリーンゼリーを購入するときは安心できる販売店から購入するのをオススメします。

 

⇒ グリーンゼリーの販売店を見てみる!

グリーンゼリーを使用するタイミングは?

グリーンゼリーの使い方はとっても簡単です。

手順は

1.上部の切り口を開封して本体を出す
2.キャップを指で折るようにして引き抜く
3.人差し指でピストンを押すとジェルが出る

という感じです。

もしあなたがタンポンを使ったことがあれば、同じような要領で使えますよ。

 

産み分けゼリーの中には湯煎が必要なものもありますが、グリーンゼリーは湯煎の必要がなく、そのままで使えます。

 

そして、グリーンゼリーを使うタイミングはズバリ!

「性交の直前」

です。

体内に注入したら、なるべく外にゼリーが出ないように気をつけましょう。

 

また、性交するのであれば、排卵日当日がいちばんオススメです。

男の子ができるためのY精子は熱に弱いとされています。

だから、長風呂で身体を暖めすぎるのを控えたり、じっくりと時間をかけた性交をして、Y精子に有利になるような膣内を心がけることが大事です。

 

グリーンゼリーの使い方とタイミングを間違えなければ、男の子ができる確率は70%~80%と言われています。

なかなか上手くいかないとお悩みの方は、もしかしたらグリーンゼリーの使い方が間違っているかもしれませんね。

 

グリーンゼリーは使い切りタイプです。

だから、もし開封してから使わなくなったとしても、取っておかずに、捨てるようにしましょう。

 

また、グリーンゼリーを使うタイミングに気をつけるだけでなく、排卵日がずれていないかを定期的に確認することも大事です。

かかりつけの産婦人科医に相談してみるのも良いですよ。

 

「何が何でも男の子が欲しい!」と焦ってばかりいるとストレスになりますし、この日は!と意気込みすぎても気持ちが空回りしては良くありません。

あくまでも、夫婦ふたりの気持ちが大切です。

夫婦でしっかりと向き合って、産み分けを成功させていきましょう。

 

産み分けを成功させるためのお助けアイテム、グリーンゼリーの詳細は下記リンクをクリックしてご覧くださいね♪

 

⇒ グリーンゼリーの使い方や最新情報はこちら

産み分けゼリーは薬局で買えるのか

できることなら目で見てから購入してみたい人からすれば、近くの薬局で販売していて欲しいと思うかもしれませんが、残念ながら売っているところはありません。

デリケートなものなので、インターネットか産婦人科のどちらかになるかと思います。

もちろん、産婦人科でもすべてのところが処方しているとは限らないので、近くにあるかどうかを確認する必要があります。

また、気を付けて欲しいのがネットでの購入です。

今は便利で全国どんな所に住んでいても、通販で購入すれば届けてくれます。

しかし、それが本物かどうか・粗悪品や類似品かどうかは届いてみないとわからないので、品質や安全性を考えるなら、『絶対』に公式サイトから購入するようにしてください。

グリーンゼリーは安全性を配慮して、公式サイトで2箱・3箱セットを購入した方は使用期限が切れて90日以内に返送すれば、新品と交換してくれる「新品交換保証」があります。

個包装が未開封であれば、1本単位で交換してもらえるので安心です。

安心して使えるように使用期限を短くしているのですが、未使用で切れてしまっても保証があればまとめ買いができますよね。

産み分けゼリーを薬局で購入できたとしても、こんな配慮はありません。

公式サイトだからこそのメリットを上手に活用するほうが断然お得なのです。

 

グリーンゼリーは障害とかの心配はないの?

グリーンゼリーで障害者が生まれる確率は高くなるのか。

これを心配される方が多いですが、はっきり言って確率は高くなりません!

妊活中に産み分けを考える時にはアルカリ性や酸性を気にすることはよくあることで、膣内のPHをコントロールしても問題はないです。

デリケートな妊娠という問題。

衛生面なども配慮していますし、品質や成分にも徹底してこだわっています。

性別なんて関係ないという人もいますが、今まですべて女の子で最後は男の子が良いという家庭もあれば、性別特有の遺伝性疾患があるから産み分けを望む人もいます。

そのため、安全性にはしっかり配慮していて、未使用で使用期限が過ぎてしまった場合には、新品と1本単位での交換が可能です。

また、赤ちゃんだけでなく母体に影響はないのか。

心配になると思いますが、こちらも大丈夫です。

使い心地の良さはもちろんですが、妊娠してから赤ちゃんを育てる大切なママの体を最優先に考えています。

アルカリ性が強いものは肌への刺激にもなるし、男性の活動力にも影響します。

そのため、弱アルカリ性の状態を保てるようにこだわっているので、安心して使い続けることができるのです。

グリーンゼリーは障害とは全く関係ありませんので、安心してお使いください。

 

グリーンゼリーは妊娠しにくいと言われる理由

男の子を生み分けできるグリーンゼリーが「妊娠しにくい」という話があります。

これから妊娠を希望する人にとって、そういわれると心配になってしまうかもしれませんが、これにはきちんとした理由があります。

産み分けをするということは、単純にどちらかの性別にポイントを置きます。

男の子Y精子と女の子X精子にはそれぞれの特徴があって、Y精子は酸性と熱に弱いので、膣内をアルカリ性にするのがグリーンゼリーの役目です。

X精子は寿命が2?3日に対してY精子は24時間と短いので、効率良く男の子ができやすい環境となっているのがわかりますよね。

アルカリ性にすれば、男の子が受精しやすいようになるのです。

とはいっても、グリーンゼリーで妊娠しにくいというわけではありません。

もちろん、有利な状態になるので男の子がもともとできにくい体質だとすれば、受精しにくいことも考えられますが、女の子が受精しないというわけではないです。

だから、100%男の子ではないので、グリーンゼリーを使っていても女の子が生まれることだってあります。

しっかり産み分けをしたいのであれば、夫婦で協力して、生活改善も心がけましょう。

食事や毎日の積み重ねが効果をアップしてくれます。

 

産み分けで男の子を希望するならおすすめの食べ物は?

産み分けで男の子を希望するなら食べ物は

【男性】
酸性

【女性】
アルカリ性

が良いと言われています。

簡単に言ってしまうと、
男の子が欲しいなら「肉食系男子」
女の子が欲しいなら「草食系男子」

女性はその逆と覚えておいてくださいね。

これは、肉=酸性、野菜=アルカリ性なので、食事を気を付けることで産み分けしやすくなると言われています。

また、カフェインもY精子の働きを良くすると言われるので、コーヒーを飲むと良いとも言われています。

しかし、気を付けてほしいことが2点。

まずは「すぐには効果が出ない」ということ。

体質改善には時間がかかるので、それなりに効果を期待するなら、日頃から生活を意識することが大切です。

当たり前といえば、当たり前の話ですよね。

不摂生な生活は妊娠もしにくくなってしまうので、日頃から気を付けるようにしましょう。

それともう1点は、「確実ではない」ということ。

科学的根拠がないとか、いろいろ言われています。

産み分けで男の子を食べ物で…と考えている方は、やらないよりはやった方がいいです。

でも、これだから100%男の子!とムキになりすぎず、グリーンゼリーやいろいろな方法を併用していくほうが、より可能性が高くなります。

これだけをすればよいということはないのを頭に入れておいてくださいね。

 

⇒ 産み分けをサポートするならグリーンセリー

 

 

 

 

.